オフィスリキッド

ホームページ制作工程

ホームページの制作工程

1、目的

いきなり店舗を開設するぞ、と思う人はいないく、その目的が有るはずです。
例えば、「自社製品の直売を行い売上を拡大する」や「商品のお客様の商品に対する反応をしる為のアンテナショップとしたい」という目的です。 ホームページの制作の際も同様で、とにかく自社のホームページがないと体裁がわるい、とか企業の顔になるからという目的では、ないはずです。
目的を明確に。


2、仮設

目標が立てば、その効果に対し、どれくらいの費用をホームページの制作や運用に費用をかけるか、また、運営方法が想定できます。


3、マーケット分析

ホームページでショップをオープンする際、候補地の人通りの数や、利用層の種類、類似のショップの繁盛具合、ライバル店の客数、回転率、客単価といった調査から候補地や品ぞろえを決めると思います。


4、設計

店舗を建設する際には、設計図を描きますが、ホームページ制作の場合は、フローチャート、ページ構成が設計図に相当します。


 

5、デザイン

ホームページ制作においてデザインは、クライアントにとっても楽しみな部分です。まずデザインありきでご依頼される場合もありますが、やみくもにデザインを行っては、いけません。どのページのアイコンをトップページに持ってきて、どのページへ優先的にナビゲーションをするかを決めます。
また、メインコピーやページアイコンの大小による重みづけなどを配慮します。
さらに色合い、雰囲気など企業やサービスの持つブランドイメージを含んだテイストにします。
 
デザインイメージ

 
テンプレートについて>>


6、制作

フローチャートやページ構成に従いホームページの制作に入ります。
ショッピングサイトの場合、ショッピングカート機能のついたサーバーの利用をお薦めいたします。それも出来れば大手のサーバー会社をお薦めします。
顧客データのやりとりを行うのでセキュリティ効果が高いという事が理由の一番です。また、ウィルスチェックやプログラムの更新頻度が高い事も挙げる事ができます。ショッピングカートのサービスでは、予めデザインのテンプレートが用意されていますが、最近の傾向であるページの横幅を大きくとった、少し個性的なホームページを作る場合は、オリジナルのhtmlを組みます。
写真撮影も行っています。

ホームページ制作ソフト「BiND」の主な機能

「BiND」は、初心者から上級者まで使えるホームページ制作ソフトです。様々な機能が分かり易く、将来のホームページのステップアップにも対応します。

 

2、豊富な機能>>

 
3、アクセス者が利用し易い操作性と優れたデザイン性>>
 

4、PCサイトとスマホの両方に自動的に画面サイズを切り替え>>

 

5、ソーシャル・ネットワークに対応>>

 

6、PCとネットワークでどこでも更新のクラウドにも対応>>