オフィスリキッド

ホームページ制作
ショッピングサイトイメージ

ホームページを制作する方法

近年クラウド系のサービスを始め、ホームページを制作出来るサービスを良く見かけます。
現在あるホームページの制作方法をまとめてみました。
 
ホームページの黎明期には、htmlプログラムというソースコードを理解しプログラムソースコードを全て書いていました。
その後、ソースコードの記入を簡略化する初級向けの「ホームページ・ビルダー」やプロ向けのAdobe社の「Dreamweaver」というソフトが発売されホームページ制作業界の主流となりました。
さらにその後、ページ更新を顧客サイドで出来るようにと、ムーバブルタイプや、ワードプレスといったCMSソフトが出てきました。
近年は、クラウド系のホームページを制作出来るサービスを良く見かける様になりました。
 
それぞれの特徴と長所、短所を表にしました。


 

ホームページ制作方法の比較
  特徴 長所 短所 主要製品
htmiを手で入力  htmlプログラムを手入力 きめ細かな制作の対応が可能 専門知識必要
コストと時間が最大
 
ツールを使用-1  専用ソフトで組み上げる 制作時間の短縮可能 htmlの知識が必要
プロ用ソフトなので顧客で更新出来ない
コスト大
Dreamweaver
ツールを使用-2  同上 htmlの知識が不要
デザインに集中出来る
プロ用ソフトなので顧客で更新出来ない
コスト大
Adobe Muse
CMSソフト-1  顧客が更新、追加が出来る 顧客は、簡単なレクチャーで更新可能 サーバーの設定やプロのプログラムが必要
レギュラー利用料必要
初期コスト大
Movable Type
CMSソフト-2  オープンソースを利用 レギュラー利用料は不要 初期コスト大、年1回程度のプログラムの更新必要
オープンソースの為、セキュリティが甘い
初期コスト大
WordPress
簡易ソフト  ソフトで直感的に制作 簡単なレクチャーで顧客が制作、更新可能
コストが低い
きめ細かなレイアウト調整には、htmlの専門知識が必要  BiND
クラウド系サービス  顧客が自ら簡易ページを直感的に作る 数ページであれば無料
コストゼロ
デザインの調整が出来にくい
ページを増やしたりするオプションが有料
Jimdo

各製品メーカー
Dreamweaver>>
Adobe Muse>>
Movable Type>>
WordPress>>
BiND>>
Jimdo>>