ホームページ制作Q&A

ホームページ制作における記事 1116

ブラウザーのシェアについて

 
ブラウザーのシェアにおいてまだまだExplorerの割合が多い様です。
飲食系や個人消費者向けのサイトでは、かなりの割合を占めています。
 
一般ユーザーは、Windowsの利用が多く、初期設定のExplorerをそのまま利用している状況です。
当オフィスリキッドのサイトでは、Chromeが首位でSafariと続き、技術系、デザイン系のユーザーの割合が多い事が分かります。
Chromeは、動作が軽いのと安定しているので、技術系のユーザーが使っています。
一時期ぐっとユーザー数が伸びたのですが、やはり一般のユーザーは、ブラウザーまでこだわりを持って使用していないという事ですね。
 
各ブラウザーの種類や携帯電話のスマートフォンの種類も増え、さらに動画コンテンツやSNSなどのサービスが増えそれぞれの見え方にも癖があるので、ホームページ制作では、検証が必要です。 


 

ブラウザー例/飲食店
ブラウザー例/飲食店

 
ブラウザー例/オフィスリキッド
ブラウザー例/オフィスリキッド